音楽機材の買取なら京都TOP

京都TOP楽器

京都TOPで音楽機材の高価買取中!

京都TOP楽器では、音楽機材の高価買取をいたします。
店頭買取の他、出張買取・宅配買取もございます。
無料査定も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
ご不要になった音楽機材をお持ちでしたら、ぜひ当店へのご相談をお待ちしております!

フリーダイヤル:0120-480-150

音楽機材の買取について

「音楽機材」とは、音楽を演奏、制作するために必要となる機材のことで、一般的には、楽器以外の機材のことをいいます。例えば、マイクロフォン、ミキサー、プリアンプ、エフェクター、サウンドプロセッサー、パワーアンプ、スピーカー、DTM器材、レコーダーなどが含まれます。これらの機器において大きなポイントとなるのは、扱う情報がデジタルかアナログかということになります。最終的な音の出口としてはスピーカーやヘッドホンなどアナログになるので、そこに至るまでのどのフェーズでデジタルからアナログになるのか、すべてアナログなのかということです。最近の録音スタジオや多くのDTM環境では、一部の楽器以外は最初からすべてデジタルで処理され、出口のみがアナログになるという環境が一般的になっています。関連する多くの種類の製品があり、中古市場においても、取り扱いが多いジャンルの一つです。

音楽機材の買取について詳しく解説

「音楽機材」の買取に関しては、前述の通り、様々な種類の製品があるため、その取扱い数も、買取額も多種多様になっています。メーカーに関しても、それぞれのタイプによって違い、マイクロフォンなら「SHURE」や「audio-technica」、ミキサーでは「YAMAHA」、「TASCAM」、「Soundcraft」、「Allen&Heath」、アンプ関連では、「CROWN」、「SPL」、スピーカーでは「JBL」、「BOSE」、「NEUMANN」、「ADAM AUDIO」などの取り扱いが多くなっています。

音楽機材の買取で高く買取できる商品の傾向や商品

「音楽機材」の様々な製品の中でも、高額で買取されている大きなタイプとしては、ビンテージの器材というものがあります。1970年代くらいまでに作られた製品で、名機と呼ばれるような物のことです。例えば、コンデンサーマイクロフォン「NEUMANN U57」、マイクプリアンプ「TELEFUNKEN V76」、アウトボード「Fairchild 670」などは、すでに中古市場でも見ることもできなくなっていますが、買取に出されればかなりの高額となるでしょう。それ以外には、最近の高性能なハイエンド機はどれも基本的には高額になっています。

高価買取

京都でこんな方が音楽機材をお売りになっています!

  • 男性のお客様

    京都市中京区・E様


    「Bose/Companion20/PCスピーカー」を査定後に買取りさせていただきました。本品は、シルバーボディがスタイリッシュな印象のPC専用スピーカーで、スッキリしたコンパクトデザインながらも400Wのハイパワーを誇るモデルです。今回査定いたしましたこのお品は、あまり使用していなかったということで比較的美しい状態でしたので、ご満足いただける査定額で買取りを成約しております。
    買取いただいた品物 Bose/Companion20/PCスピーカー
    点数:3/合計66,000円
  • 男性のお客様

    京都府木津川市・I様


    「パイオニア/PD-N901/ステレオCDチューナー」を査定後に買取りいたしました。本品はCDプレイヤー兼、AM/FMラジオチューナーで、リモコン付きの使い勝手の良いモデルです。今回買取りいたしましたこのお品物は、数年間の使用により若干の使用感はありましたが、思い切ったお値段で買取らせていただきました。
    買取いただいた品物 パイオニア/PD-N901/ステレオCDチューナー
    点数:2/合計24,600円
  • 男性のお客様

    京都府京丹後市・N様


    「ラックスマン/真空管ハイブリッドアンプ/LV-103」を査定して買取りいたしました。本製品は、1985年頃に発売開始されたレトロなモデルで、真空管を使用したハイブリッド式のプリメインアンプです。今回査定をご希望いただきましたこのお品は、表面に擦れなどはありましたが状態はおおむね問題がなかったので、入念に査定して買取りさせていただきました。
    買取いただいた品物 ラックスマン/真空管ハイブリッドアンプ/LV-103
    点数:3/合計53,400円
  • 女性のお客様

    京都市西京区・O様


    「ビクター/SEA-50/グラフィックイコライザー」を査定いたしました。本品は、1オクターブ間隔で配置された10素子構成のイコライザーで、中心周波数は12kと16k、20kHzの3種類に切り替えが可能です。この程査定させていただきましたこのお品物は、年代を感じさせないほど良好な状態でしたので、高値で買取りさせていただいております。
    買取いただいた品物 ビクター/SEA-50/グラフィックイコライザー
    点数:2/合計82,400円
  • 女性のお客様

    京都府城陽市・U様


    「ソニー/MDS-S37/ミニディスクデッキ」を査定後に買取りさせていただきました。本品は1996年頃に発売されたリモコン付きのMDデッキで、音質を向上させるワイドビットストリーム技術を採用しています。今回査定いたしましたこのお品は、長らく保管していてほとんど使っていなかったとのことで、状態は悪くなかったのでありがたく買取りいたしました。
    買取いただいた品物 ソニー/MDS-S37/ミニディスクデッキ
    点数:3/合計63,000円
*買取をご利用頂いたお客様との実際のやり取りをスタッフの意見から再現しました。
LINE査定

🎙京都TOPで音楽機材の買取体験談

 ※スタッフからの意見を元に作成
👤
買取地域や情報:
京都府京都市/42歳/男性/Oさん
買取に出された商品:
STEINBERG UR22C オーディオインターフェイス
🗣

今回お買取の「STEINBERG UR22C オーディオインターフェイス」について

音楽にハマっている時期に「STEINBERG UR22C オーディオインターフェイス」を購入して使用されていたようです。この「STEINBERG UR22C オーディオインターフェイス」は楽器を演奏する人にとっては、非常に有用な音楽機器であり、高音質なサウンドを出力可能となります。

🗣

「STEINBERG UR22C オーディオインターフェイス」の入手経緯・買取に出されたきっかけについて

音楽専門店で気に入って購入したものであり、あまり楽器を演奏しなくなったことで買取に出すこととなったとのことでした。精密な機械であり、高額商品でもあるので、自宅から持ち運びすることを躊躇していたそうです。今回は、出張買取に対応している「京都TOP楽器」を見つけていただけて、そのまますぐに買取に出すことを決意されたとのことでした。

🗣

京都TOPを選んでいただいた理由について

「京都TOP楽器」を選んでいただけた大きな理由としては、出張買取査定を実施している点が大きかった様です。精密機械である音楽機器を外に持ち出すことを躊躇している際に、ちょうど「京都TOP楽器」のことを知っていただけたことがきっかけだったそうです。また、音楽機器や楽器の買取経験が豊富である点も信頼して頂けたようです。

🗣

京都TOPをご利用になられたご意見とご感想

大切な高級音楽機器の査定を取り仕切っているスタッフなので、顧客への礼儀や誠実な査定を教育していたこともあって、お客様には十分にご満足いただけました。また、ご依頼いただいてからすぐに出張対応したこともあって、素早い対応についてもご満足いただけたようでした。

お問い合わせ

音楽機材の買取価格例

カテゴリ 製品名 中古美品
参考買取価格
商品のカテゴリ 商品の製品名 フリーダイヤル:0120-480-150
LINE査定

京都TOPで音楽機材の買取をご利用されたお客様の声

京都府与謝野町在住 / 20代の女性
買い取った商品名:Soundcraft『Ui12』

Soundcraftのデジタルミキサー『Ui12』を依頼しました。音響機器の出張買取は受けたことが無かったのですが、スタッフの方に丁寧に案内していただき、安心して利用できました。

🗣

今回お買取の「Soundcraft『Ui12』」について

サウンドクラフトから発売された、現在も人気がある音響機材です。初代Uiシリーズは2016年の秋から発売されています。ワイヤレスでスマホやパソコンと最大10台まで同時接続できる、なかなかの仕事人です。また従来の処理速度より優れた機能が搭載されているので、ストレスなく作業をおこなえると好評です。ご使用済みのデジタルミキサーでしたが、各端子やマイクの機能、通電に問題がなかったので、需要が高いことを踏まえて明るい査定額を付けさせていただきました。

お客様の声
京都府京都市南区在住 / 50代の男性
買い取った商品名:VICTOR『JA-S71』

VICTORの音響機器『JA-S71』をお願いしました。古いプリメインアンプなので出張買取をお願いしていいか迷いましたが、ニコニコとした査定員の方がすぐに自宅に駆けつけてくれました。願い通りの金額を提示してくれて、いい1日になりました。

🗣

今回お買取の「VICTOR『JA-S71』」について

京都市内のお客様から、ビクターの音響機器のご相談がありました。ビクターのJA-Sシリーズのアンプは1974年代に発売されています。こちらのお品物もそれに続く、ビンテージ型のアンプでした。年数が経っていますが「ステレオ感のあるサウンドが楽しめる」と今もなおコアなお客様から愛されています。今回はこちらの音響機材に加えて、ビクター製の「PS-M400PのAVミキシングアンプ」も追加で査定にお出しいただきました。こちらの性能も大変よく、通電確認もスムーズに取れたため高値で買い取らせていただきました。ご利用ありがとうございました。

*買取をご利用頂いたお客様との実際のやり取りをスタッフの意見から再現しました。

京都TOPの音楽機材買取でよくあるご質問

Q. 20年以上前に買ったONKYOのミニディスクデッキ「INTEC275/MD-122MX」は買取り可能ですか?動作上は問題なく、本体には少々使用感があります。
A. もちろん丁寧に査定させていただければ幸いでございます。MDデッキは生産が終了しているモデルがほとんどですので、ぜひ現物を確認させていただきたいと思います。
Q. 本体の木目部分にいくつか傷やすれなどがありますが、「パナソニック/サラウンドバックスピーカーシステム/SB-PS800-M」は買取りしてもらえますか?
A. 本品はこげ茶色の木目が美しいシックな雰囲気で人気のブックシェルフ型スピーカーです。現品の状態を丁寧に確かめた上で判断させていただければと思います。
Q. かなり前に父から譲ってもらったサンスイの「TU-707/FMAMチューナー」は査定してもらうことはできますか?長らく使っていませんが電源は入ります。
A. 本製品は50年ほど前に製造されたアンティークモデルとなりますので、まずは現品の状態や各パーツの具合などを入念に確かめさせていただければ幸いでございます。
Q. 30年以上前に購入した「ラックスマン/プリメインアンプ/L-3/L8102249」は査定対象になりますか?長らく使っていたので、見た目は少々古びています。
A. 本製品は1978年に発売開始された低出力で動作可能なプリメインアンプで、中古市場でも一定の需要があるお品でございますので、ぜひ査定させていただければと思います。
Q. 数年使っていますが比較的きれいな状態で動作も正常な「Pioneer/ターンテーブル/PLX-500-K」を売りたいのですが、いくらぐらいで買取り可能でしょうか?
A. 本品は新品では5万円を超える額で取引されていますので、お品物の状態や具合などをじっくり見させていただいた上で判断させていただけますとありがたい限りでございます。
Q. レバー部分に一部ダメージのある「PIONEER/パフォーマンスDJミキサー/DJM-300」は買い取ってもらえますか?動作的にはまったく問題なく使える状態です。
A. 本品は、オールインワンDJシステムとも言われるDJ専用のコントローラーで、中古市場でも動きのある人気のお品ですので、現品をくまなくチェックさせてください。