京都の買取専門店TOPはギター、ベース、サックスなど様々な楽器の買取りをしています。
京都府全域への出張買取が無料!京都市内ですと、即日お伺いも可能です!
お電話にて簡易査定承ります

フリーダイヤル

京都の楽器高価買取専門店TOP

京都五条通り(国道9号線)沿い南側の青色の大きな看板が目印です。
ヴィンテージ楽器から中古楽器、ジャンク品の楽器、型落ちした楽器などなんでも買取り致します。
楽器買取専門店だからこその買取価格でしっかりと査定します。
京都市の方はもちろんのこと長岡京市や宇治市、亀岡市の方から多くのご来店を頂いております。

楽器高価買取専門店TOPの地図

店名
買取専門店TOP
住所
〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1 (京都本店)
電話番号
0120-480-150
営業時間
10:00~20:00
定休日
毎週水曜日・お盆・年末年始
最寄駅
阪急京都線 「桂駅」 西出口もしくは阪急嵐山線 「上桂駅」
駐車場

使わなくなった楽器を京都で買い取る京都楽器センター

京都楽器買取の即日買取エリア

京都市/向日市/長岡京市/宇治市/綾部市/亀岡市/木津川市/京田辺市/京丹後市/城陽市/南丹市/福知山市/舞鶴市/宮津市/八幡市/乙訓郡/久世郡/相楽郡/綴喜郡/船井郡/与謝郡

「楽器」に関するものはすべて高価買取します!

お見積もり無料

【スマートフォンのお客様コチラクリックで電話できます】

フリーダイヤル

LINEで簡単見積もり無料

【友達登録から簡単に査定できます。】

LINE査定

店頭持ち込み大歓迎

店頭お持ち込みならご予約不要で承ります!
楽器の買い替えや引っ越し、断捨離などで処分したい楽器を即日現金買取いたします!
当店のお近くにお住まいのお客様は是非店頭持ち込みをご利用ください!

楽器ならなんでも買取します!!

Appalachian マンドリン APM-1

出張買取

京都市西京区でマンドリンお買取りしました。
マンドリンはカラーチェなど高価買取。

Fender Mustang 1 アンプ フェンダー ムスタング

店頭買取

西京区のお客様からのアンプ をお買取りしました。
高級なアンプから安いアンプまで高価買取。

スプレンダー アルトサックス 木管楽器 ゴールド マウスピース ハードケース

出張買取

西院のお客様からアルトサックスをお買取りしました。
ヤマハやセルマーなど高価買取。

SABIAN セイビアン PRO SONIX 14インチ ハイハット

店頭買取

宇治市のお客様からシンバルをお買取りしました。
ジルジャンなど高価買取。

タカミネ No.30 クラシック

出張買取

亀岡のお客様からタカミネのクラシックギターをお買取りしました。
クラシックギターも高価買取。

ハルシュタット 4弦 アップライトベース

店頭買取

舞鶴のお客様からアップライトベースをお買取りしました。
コントラバスなど大型楽器も高価買取。

ブージーアンドホークス インペリアル コルネット

出張買取

左京区のお客様からコルネッをお買取しました。
ベッソンやヤマハなど高価買取

フェンダー ジャパン エレキギター

店頭買取

フェンダーのストラトを買取りしました。
ギブソンとフェンダーは特に高価買取。


京都 楽器買取 フリーダイヤル

高価買取はお任せください

楽器の買取方法

店頭買取
出張買取
宅配買取

関西一買取価格に自信あります!

買取会社他社比較

お見積もり無料

【スマートフォンのお客様コチラクリックで電話できます】

フリーダイヤル

LINEで簡単見積もり無料

【友達登録から簡単に査定できます。】

LINE査定

楽器買取のジャンル

管楽器
打楽器
和楽器
弦楽器
ギター
電子楽器
アンプ
エフェクター
サックス
鍵盤楽器

どうせなら楽器を高く買取!

中古の楽器が高く売れる理由

中古の楽器が高く売れる理由

楽器を購入する時に「新品」にこだわる人もいますが、「中古」の楽器が買いたいという人も大勢います。
どうして「中古の楽器」でも高く売れるのでしょうか?

  • 中古でもいいからいい物を使いたい
  • 吹奏楽で使いたい
  • 子供の習い事用に買いたい
  • 練習用としてほしい
  • リペアや改造の練習をしたい
  • 中古でしかない手に入らない楽器がある

こういった需要があるため、相場が安定しており「高価買取」が可能です。

フリーダイヤル

楽器売るならオススメは京都TOP楽器買取屋さん

TOP楽器買取屋さんでは、ギターやバイオリンやベースなどの弦楽器や、電子ピアノ、シンセサイザーなどの鍵盤楽器、サックス、クラリネットなどの管楽器、ドラムをはじめとする打楽器、エフェクターやミキサー等レコーディングに使用する音響機材など、楽器関連商品ならなんでも高価買取いたします。

京都楽器買取

京都楽器買取屋さんの買取方法

買取方法は、店頭買取、出張買取、宅配買取の3つをご用意しております。
売りたい楽器がたくさんあるので店頭までもって行くのが大変、近くにお店が無いので出張買取で自宅まで来て欲しい等、お客様のご要望にあった形で買取致します。

楽器の買取方法

店頭買取
出張買取
宅配買取

エレキギター強化買取中

ギター買取 アコースティック・エレキ・ベース

ご不要になったエレキギターやアコースティックギター、クラシックギター等、ギター・ベースを高価買取します。長年使用されていないギター・ベースの売却を検討中のお客様は、お気軽に当店をご利用ください。

ギター買取強化メーカー

  • Gibson(ギブソン)
  • Fender(フェンダー)
  • ESP(イーエスピー)
  • PRS(ポール・リード・スミス)
  • Gretsch(グレッチ)
  • YAMAHA(ヤマハ)
  • Martin(マーティン)

ギター買取強化製品

弦楽器強化買取中

弦楽器買取 ヴァイオリン・チェロ・ハーブ・マンドリン

代表的なバイオリンやビオラ、チェロ、コントラバスはもちろんのことハープやウクレレ、マンドリンなど弦楽器全般にご対応しておりますので、是非お気軽にご利用ください。
特に現在ヤマハのサイレントシリーズやチェロ、ハープ、コントラバスなど大型弦楽器の買取を強化中です!

弦楽器買取強化メーカー

  • ヘフナー
  • グリガ
  • ピグマリウス
  • スズキ

弦楽器買取強化製品

管楽器高価買取中

管楽器買取 フルート・トランペット・サックス・トロンボーン

トランペットやトロンボーン、ホルン、チューバといった金管楽器からフルートやクラリネット、オーボエ、ファゴットといいった木管楽器までなんでもお買取しております。

管楽器買取強化メーカー

  • YAMAHA(ヤマハ)
  • ベッソン
  • シルキー
  • ハンスホイヤー
  • アレキサンダー

管楽器買取強化製品

和楽器は素材や作りで買取価格が大きく変わります!

和楽器買取 三味線・琴・尺八・和太鼓・龍的・琵琶・津軽三味線

三味線や琴、尺八といった和楽器も中古市場で非常に人気があります。
三味線では特に津軽三味線大変人気です。紅木、金細、二段溝で作ってあり、糸巻きが象牙の三味線など高価買取できます!
綾杉彫の琴や有名作家の尺八は特に高価買取しております。

和楽器買取強化製品

ドラム以外にも民族系打楽器なども買取しております

打楽器買取 ドラム・カホン・ティンパニ・高価買取

ドラムセット、電子ドラム、ティンパニ、シンバルの他にも和太鼓やカホン、ジャンベなど民族打楽器も買取しています!
ドラムセット、大太鼓、コンサートバスドラムなど大型楽器には出張買取のご利用がオススメです!

打楽器買取強化製品

その他、音響機材やDJ機材、スピーカーなども

音響機材・DJ機材・名器・ビンテージモデル

京都の楽器機材の買取りはお任せ下さい!DJ機材やスピーカー、アンプなど音響機材の買取はなんでも対応しております。
その他にもCD・DVD・ヘッドフォン・マイクなども音楽関連製品であれば買取OK!スタジオ丸ごとのお買取りなんてのも!

電子楽器、音響機材の買取強化製品

京都楽器買取専門店TOP「4つのお勧めポイント」


  • 安心の実店舗

    京都楽器買取専門店TOPは9号線沿い、駐車場完備の実店舗があります。


  • 思い出を大切に

    お客様のご愛用されました楽器の思い出を大切に査定を行います。


  • 高価買取

    お客様の楽器に納得いただける高価買取金額をその場でお支払いします。


  • 安心と実績

    流行の傾向を常に熟知した楽器の査定員が査定します。

京都の出張買取対応地域

どんなものでも楽器はすぐに高く買い取ります!!

出張買取対応地域:
京都府全域
京都市 (北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区)
宇治市/京田辺市/城陽市/長岡京市/向日市/八幡市/亀岡市
南丹市/宮津市/京丹後市/木津川市/乙訓郡/久世郡/綴喜郡
相楽郡/船井郡/与謝郡

関西圏での買い取りはお任せください。 迅速に無料出張いたします。
不要なものは買取します。

こんな時は出張買取が便利です。

  • 店舗まで遠くて行けない場合
  • 家庭の事情で外出しづらい場合
  • 宅配の包装がしづらい場合
  • 売りたい楽器の数が多い場合
  • 売りたい楽器が重たい場合
  • 売りたい楽器が高額商品で持ち歩くのが怖い場合

最短即日買取!出張買取の流れ

出張買取はTOP楽器買取専門店の熟練買取スタッフがお客様のご自宅に訪問し、査定・搬出を行いますので、ご自宅にいながら簡単に楽器を売却していただけます。

フリーダイヤル

高価買取になりやすい楽器

買取が高くなりがちなもの

買取価格が高くなる楽器にはどのようなものでしょうか?高価買取につながるポイントをいくつかご紹介いたします。

  • メンテナンスされた楽器
  • 製造年の近いもの、最新モデルの楽器
  • 廃盤モデル、ヴィンテージモデルの楽器
  • 付属品やケースがあるもの

上記のような楽器が高価買取になる可能性があります。
買取価格が高くなるかどうかは査定が必要です。ぜひ無料査定をご利用ください。

出張買取

楽器の買取はお任せください!

TOP京都楽器買取センターでは、京都の楽器や音楽関連機材を高価買取しております。
店頭見積もりや電話、メール、LINEでのお問い合わせになど全て無料でお見積もりを承っております。お気軽にお問い合わせください。

TOP京都楽器買取センター地図

楽器の売却なら楽器の知識と買取り経験が豊富なTOP京都楽器買取センターにお任せください。
楽器の買取価格はメーカー、モデル、年式によって大きく変わります。プロの楽器買取スタッフがお客様の大切になさった楽器をできる限りのお値段でお買取いたします。

フリーダイヤル


京都 楽器買取 フリーダイヤル

高価買取はお任せください

楽器の買取方法

店頭買取
出張買取
宅配買取

楽器買取強化製品

ギター

ギターは大きく分けて、素朴な音色でギター演奏の技術力がダイレクトに反映されるアコースティックギターとアンプにつないで個性的な音を増幅できるエレキギターがありますが、どちらにも熱心なファンが大勢いるので、高価買取できるギターの種類がたくさんあります。
Gibson(ギブソン)のレスポール、ESPのホライゾンや高見沢俊彦モデル、Fender(フェンダー)のストラトキャスターなど、ギターの中でも歴史的名器・話題作として評価されているギターは特に買取査定も高くなります。

ギター

サックス

サックス(サクソフォン)は金属(真鍮)で作られた木管楽器の一種で、吹奏楽やジャズに欠かせない深みのある美しい音色を奏でることができます。
ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類のサックスはそれぞれの人気がありますので、高価買取が可能です。日本のサックス市場ではヤマハが人気ですが、Henri Selmer ParisやiOなど海外メーカーのサックスも歓迎ですのでぜひお売り下さい。

サックス

フルート

フルートは銀色や金色の金属製の筒に、音色調整のキー装置を備えた横笛であり、コンサート・吹奏楽には必須の楽器になっています。
フルートには、ピッコロ、ソプラノ、アルト、バス、コントラバスなどの種類がありますが、フルート買取ではフルートを作っている金属の材質が査定に影響します。
フルートの高級モデルの金属には「18金・24金・ホワイトゴールド加工」が多く、フルートの材料自体が高額なので高価買取の対象になってきます。
ヤマハやカワイ、アリスタなど各種メーカーのフルートの買取をぜひご依頼下さい。

フルート

トランペット

トランペットはジャズやクラシックで重視される金管楽器で、ジャズでは軽快な音色を素早く出せるピストン・トランペットが好まれ、オーケストラではより重厚感のあるロータリー・トランペットが好まれますが、どちらの種類も高いニーズがあるので高価買取が可能になっています。
ヤマハやVincent Bach(ヴィンセント・バック)、Meyer(マイヤー)など各メーカーのトランペットを高価で買取致しますので、ぜひ買取依頼をご検討下さい。

トランペット

バイオリン

歴史の長いバイオリンという楽器には伝説的なストラディヴァリなど破格の値段がするバロック・バイオリンもあります。
一般的に演奏用に使われているのは、20世紀後半以降に製作されたコンテンポラリー・バイオリン(現代バイオリン)ですが、ヤマハやスズキといった日本の楽器メーカーが素晴らしい音色を奏でるバイオリンを作っています。
ピグマリウスやヤマハ、スズキなどの質の良いバイオリンは高額買取の対象になっています。

バイオリン

チェロ

チェロはバイオリンと並ぶ弦楽器の一種で、オーケストラの合奏・重奏では低音を担当する楽器です。チェロ(セロ)はその4本の弦から重厚で豊かな音色を響かせることができます。
チェロの語源は“Violoncello”で「小さい『大きな弦楽器』」という複雑な意味を持っていますが、やや大きめの弦楽器であるチェロは「楽器との一体感」を感じやすい素晴らしい楽器です。
Karl Hofner(カールヘフナー)やヤマハ、Pygmalius Derius(ピグマリウス・デリウス)などのチェロは、高価買取できるものが多くなっています。

チェロ

コントラバス

コントラバスは4~5本の弦を持つ巨大な弦楽器で、コントラバスが奏でる音色は低くて力強いものであり、オーケストラの交響曲では欠かすことのできない低音を担当します。
コントラバスは純粋なヴァイオリン属ではなく、ヴィオール属との中間に位置するユニークな特徴を持つ楽器で、楽器を抱えるようにして演奏するスタイルも個性的です。
高価買取ができるコントラバスには、Karl Hofner(カールヘフナー)やJohannes Rubner(ヨハネス・ルブナー)、Reghin(レジン)など様々な外国メーカーがあります。

コントラバス

三味線

三味線(しゃみせん)は日本の伝統的な弦楽器であり、銀杏形の撥(バチ)を用いて演奏される「撥弦楽器(はつげんがっき)」の一種です。
三味線は西洋音楽の楽器にはない独特の軽快でリズム感のある音色を奏でることができ、近年になって日本だけでなく世界的にも「三味線のリズミカルな音色」に魅了される人が増えているといいます。
元々の三味線の材料は「猫・犬の皮」をなめして使っていましたが、現在では「綾杉彫・金ホゾ・象牙(バチ・糸巻)」などの材料を使って作られた高級な三味線が高価買取の対象になっています。津軽三味線も人気が高いですので、ぜひ買取依頼をご検討下さい。

三味線

オーボエ・クラリネット

オーボエは「美しい高音・大音量の音色」を出せる木管楽器の一種で、ダブルリードで音を出します。
オーボエの元々の意味は、フランス語の「haut bois(高い木)」にあり、楽器として長さが長いことに由来しています。
オーボエの外観は木管楽器のクラリネットに似ていて、管体はグラナディラやローズウッド、キングウッドなどの木材で作られているものが高級になります。
オーボエが活躍する有名な楽曲としてベートーヴェン作の交響曲第3番「英雄」、第8番「運命」があります。
高額買取の対象になりやすいオーボエのメーカーとして、ヤマハやロレー、リグータ、ビュッフェ・クランポンなどがあります。不要になったオーボエをお持ちの方は、ぜひ買取依頼をしてみて下さい。

オーボエ・クラリネット

マンドリン・ブズーキ

マンドリン(Mandolin)は、17世紀イタリアのナポリ型マンドリンに起源を持つ「撥弦楽器(はつげんがっき)」です。
マンドリンはスチール製の8弦4コースの楽器で、調弦方式はヴァイオリンと似ていますが、マンドリンはヴァイオリンのような弓で弾くのではなくピックで弾く楽器です。
パガニーニやカラーチェの独奏曲で存在感を示すマンドリンも、高額買取が可能な楽器です。個人制作のマンドリンも多くあり、著名な人の作であれば価値があります。

マンドリン・ブズーキ

尺八

尺八(しゃくはち)は竹製の伝統的な木管楽器・縦笛で、西洋楽器ではフルートに似ていて素朴な味わいのある音色を出します。
尺八は古代中国の唐の時代に呂才が発明したと言われ、その名前は標準の管長が「一尺八寸(約54.5cm)」である事に由来します。
明治以降、急速に「尺八の家元制度」が整えられて、各流派ごとに尺八が作られました。
尺八の価値は製管師の名前や品質(状態)によって変わりますが、「琴古流尺八・都山流尺八・上田流尺八・竹保流尺八」などの積極的な買取を強化しています。
綺麗にメンテナンスされた「漆剥げ・竹割れ・虫害」のない著名な製管師作(人間国宝の作・江戸期の名作)の尺八は高価買取となりますのでぜひお売り下さい。

尺八

ホルン

ホルンは幅広い音域を出せる中低音の金管楽器です。
ホルンは、金管楽器特有のファンファーレから木管楽器・弦楽器を補助する繊細な音色まで出せる表現力が豊かな楽器ですが、ギネスブックでは「もっとも演奏が難しい金管楽器」として認定されています。
オーケストラや合奏曲に欠かせない金管楽器ホルンの買取を強化しています。ホルンの主流である2種類の調性をバルブで切り替えられる「ダブルホルン」、ホルンとしては軽量で扱いやすくリーズナブルな「シングルホルン」を積極的に買取させて頂きます。
1965年にイギリスのパックスマン社が開発した3種類の調性を切り替えられる「トリプルホルン」もぜひ買取依頼をご検討下さい。

ホルン

エフェクター

エフェクターとはエレキギターとアンプの間に繋ぐことで、電気的にギターの音を好きなように変化させられる装置でエレキギターを弾く人にとっては必需品の一つです。
BOSSやエレクトロハーモニックス、アイバニーズなど各種有名メーカーのエフェクターの買取を強化しています。
代表的なエフェクターは「歪み系」とされるオーバードライブやディストーションですが、音の揺れ幅を大きくする「モジュレーション系」のコーラス、部屋中に響くような残響音を作り出す「空間系」のディレイ、「ピッチシフト系」のオクターバーなどのエフェクターも高価買取を致します。

エフェクター

ドラム

ドラムはポップやロックの楽曲でビート(リズム)を刻むための打楽器の総称であり、ドラムをハイテンションで連打するドラマーは、バンド活動の中でも一際目を引く存在です。
ドラムは主にバスドラム(大太鼓)とスネアドラム(小太鼓)に分けられますが、ドラムという時には様々なドラムやシンバル等の打楽器を演奏しやすい配置にまとめた「ドラムセット」を意味することが多くなっています。
個別の「ドラム」と複数のドラムやシンバルがセットになった「ドラムセット」の高額買取を強化していますので、ご不要になったヤマハやSONOR、Ludwigなどのドラムセットがあればぜひお売り下さい。

ドラム

シンバル

シンバルはつば広の帽子のような形をした金属製の打楽器で、楽曲に印象的なアクセントを加える役割があります。
シンバルはとてもシンプルな打楽器ですが、オーケストラ全体を締めくくるような力強い叩き方、細かく振るわせるようにして叩く「トレモロ奏法」で楽曲の雰囲気を盛り上げる叩き方などがあり、表現力の豊かな楽器として人気があります。
シンバルには二つのシンバルを打ち合わせる「クラッシュシンバル」、固定した一枚のシンバルをスティック(バチ)で叩「サスペンテッド・シンバル」の買取を強化しています。
シンバル発祥地とされるトルコのZildjian(ジルジャン)やドイツのMEINL(マイネル)などのシンバルをお持ちであればぜひお売り下さい。

シンバル

アンプ

アンプ(amplifier,増幅器)とは音響を表現する電気信号を増幅してくれる装置のことで、簡単に言えばギターやドラムなどの楽器の音を大きくしてくれる機械です。
20世紀初頭に真空管アンプから始まったアンプは、現在ではトランジスタやIC(集積回路)のアンプへと変わっています。
電子楽器の演奏者に必須となるアンプの買取を強化しています。
アンプには、トーンコントロールや左右ステレオのバランス調整ができる「コントロールアンプ(プリアンプ)」とプリアンプからの電力を増幅して音量を調整する「パワーアンプ(メインアンプ)」があります。
ヤマハやオンキヨー&パイオニア、マークレビンソンなど有名メーカーのアンプがあれば、ぜひお売り下さい。

アンプ

シンセサイザー

シンセサイザー(ミュージック・シンセサイザー)とは、電子回路を用いて音を自由に合成できる電子機器で、外見は鍵盤数が多い小さなピアノのような形をしています。
電子楽器と呼ばれるシンセサイザーがあれば、色々な音を自分の好みに合わせて簡単に合成できるので、音楽・楽曲を自分でアレンジしたい人の根強いニーズがあります。
シンセサイザーはTRF・globe・華原朋美などをプロデュースした小室哲哉が好んで使用したデジタル音源の電子楽器としても知られ、ローランドやヤマハ、コルグなどのシンセサイザーは今も高い人気があります。

シンセサイザー

ウクレレ

ウクレレは、陽気でリズミカルな「ハワイアン音楽」に使われることが多い小型のギターにも似た4弦の弦楽器です。
ウクレレの起源はポルトガル移民がハワイに持ち込んだブラギーニャ(braguinha)という楽器にあるとされています。
近年、ギターとはまた異なる音色の味わいや柔らかさがあるウクレレの需要が高まっていて、ウクレレの買取を強化しています。
ウクレレには「ソプラノ(スタンダード)・コンサート(アルト)・テナー・バリトン」の4種類があり、音が低くなるにつれてウクレレは大きくなっていきます。
ソプラノからバリトンまで使わなくなったカマカやマーティン、コアロハなどのウクレレがあれば、ぜひ買取依頼をお願い致します。

ウクレレ

トロンボーン

トロンボーンは長いU字型の二つの管をスライドさせることで音高を変化させる金管楽器で、トロンボーンを演奏している姿はトランペットにも似ています。
スライド式やバルブ式で音を調整するトロンボーンは、金管楽器としての安定した需要があるため、買取を強化しています。
ベートーヴェンには「交響曲第5番 運命」で初めてトロンボーンを使用した逸話があり、教会音楽専用だったトロンボーンを交響曲に使ったことで音楽・合奏の権威を高めました。
トロンボーンには「ソプラノ・アルト・テナー・バス・コントラバス」など色々な種類がありますが、ご不要になったトロンボーンがあればぜひお売り下さい。

トロンボーン

チューバ

チューバは最も大きな金管楽器であり、最も低い音域の音を出すことができます。
低音域での表現力が豊かなチューバは、オーケストラの合奏では必須の金管楽器になっていて、力のある魅力的な低音を響かせてくれます。
チューバにはピストン式とロータリー式があり、音程調整のために3~7個のバルブを備えていますが、現在、このチューバの買取を強化しています。
チューバは管内に結露水が溜まりやすくメンテナンスが難しい楽器ですが、大事に使われてきたチューバがあればぜひ買取依頼をご検討下さい。
ワーグナーやマーラー、リヒャルト・シュトラウスなど後期ロマン派の歌劇の作品に多用されたウィンナ・チューバも高価買取の対象になります。

チューバ

フリーダイヤル

京都TOPで楽器のおまとめ査定

楽器 の買取価格例

楽器 型番 中古美品
参考買取価格
エフェクター 320DESIGN Landmighty 12,500円
3LEAF AUDIOGR2/Envelope Filter 11,500円
エレキギター ARCHTOP TRIBUTE AT-101 23,500円
ARIA PE SPLENDOR (W/SPL CASE) 34,500円
ドラム LUDWIG LLS354TDWMB 22,000円
ROLAND PM-30 21,500円
サックス CHATEAU AS CAS-H92UL 管体レッドブラス アンラッカー仕上 56,500円
JUPITER TS787GL 29,500円
フルート ALTUS A1007E フルート 管体銀製 銀メッキ Eメカ 80,500円
YAMAHA YFL-811 137,500円
トランペット YAMAHA YTR-8335GS 76,500円
KANSTUL 731-2 コルネット 銀メッキ仕上 47,700円
エレキベース ALEMBIC JJLB5-FWH Jimmy Johnson 281,500円
FENDER USA FSR 70 Precision Bass 76,500円
アンプ 65AMPS Ventura Head 41,500円
FENDER USA 59 BASSMAN LTD 46,500円
キーボードシンセ ACCESS VIRUS KC (正規輸入品) 41,500円
KORG TRITON Pro / Ver2.5 16,500円
アコースティックG ASTURIAS 50TH ANNIVERSARY LTD EC-O 53,500円
GIBSON Starburst 96,500円
エレアコ ADAMAS 1587E SUPER ADAMAS DEEP CUTAWAY 101,500円
MARTIN J-12-16GT 51,500円
ウクレレ BREEDLOVE Masterclass Tenor Ukulele 101,500円
K.YAIRI M-2 (2011-) 21,500円
フレンチホルン ALEXANDER 102M フレンチホルンFBb セミダブル 181,500円
C.G.CONN 12DS フレンチホルンハイFBb 171,500円
トロンボーン BACH 36BSP トロンボーン テナーバス銀メッキ仕上 114,000円
AMAHA YSL-872 トロンボーン Eb/Dアルト イエローブラス ラッカー仕上 81,500円
チューバ B&S 3100 F チューバ6ロータリー イエローブラス 201,500円
HIRSBRUNNER HBS290 チューバCC 5ロータリー44サイズ 銀メッキ仕上げ 395,500円

フリーダイヤル

楽器メーカー買取強化製品

ヤマハの楽器

日本のヤマハは世界でも有数の巨大な総合楽器メーカー・輸入業者であり、ヤマハブランドの楽器は日本だけではなく世界のオーケストラや個人の演奏家に多く使われています。
ピアノやエレクトーン、バイオリン、チェロ、リコーダーなどのヤマハが製造している楽器の信用性・耐久性は極めて高く、どの楽器も平均以上の音色を美しく奏でてくれます。
ヤマハは「管楽器・弦楽器・打楽器・鍵盤楽器」のほぼ全ての楽器を製造していて、楽器の付属品や音楽教育関連の商品も販売しています。今使っていないヤマハのピアノや楽器をお持ちであればぜひお売り下さい。

ヤマハ

セルマーの楽器

セルマー(現在はコーン・セルマー)という米国の楽器メーカーの起源は、19世紀後半のパリ音楽院で学んでいたセルマー兄弟のクラリネットの手作りにあります。
1927年に米国のバンディーが米国内の経営権を買い取って「セルマーUSA」を発足させました。
セルマー・パリはプロ向けの高品質・高価格の楽器を製造し、セルマーUSAはアマ向けの低価格・普及品の楽器を製造していました。
セルマーは世界的に優れたサックスメーカーとしての地位を固め、主にクラリネット、サックス、フルート、オーボエなどの木管楽器の製造・販売を行っています。
セルマーの木管楽器をお持ちであれば、ぜひ買取依頼を検討して下さい。

セルマー

ハンスホイヤーの楽器

ハンスホイヤーは、ドイツのフォークトランド地方にあるホルン製造で有名な金管楽器メーカーです。
米ソの東西冷戦時代に、クリンゲンタール地方のマイスター(楽器職人)だったハンス・ホイヤーが、旧東ドイツの国営工場で画期的な機構と音質を持つホルンを開発したと伝えられています。
楽器メーカーであるハンスホイヤーのスローガンは「音楽への愛・演奏家への傾聴・楽器製作への飽くなき探究心」であり、最高品質のホルン製造を介して演奏家を強くバックアップしています。
マイスターのこだわりがあるハンスホイヤーのホルンは、高額査定が出やすい楽器なのです。

ハンスホイヤー

ムラマツの楽器

ムラマツ(村松フルート製作所)は、世界中のフルート奏者からの強い需要を維持している日本トップのフルート専門メーカーです。
1923年(大正12年)に、創業者の村松孝一が日本で最初になるフルートの製作に成功して、村松フルート製作所の歴史が始まりましたが、ムラマツのフルートは徹底したハンドメイド(手作り)で細部にまでこだわっているところに特徴があります。
MURAMATUの愛称で世界でも人気のあるムラマツフルートは原価も高いため(数百万円台のモデルも多いため)、高価買取の可能性が高い楽器です。高額買取になる「18K・24K・総銀(洋銀)・EXモデル・GXモデル」などのムラマツフルートをお持ちであれば、ぜひ買取依頼をご検討下さい。

ムラマツ

ギブソンの楽器

アメリカのギブソンは、世界でもっとも有名で人気のあるギターメーカーです。
ギブソンは1894年に、オーヴィル・ヘンリー・ギブソンがマンドリン製作を始めたことに起源がありますが、創業者のギブソン自身は会社の経営に全く関与しませんでした。
ギブソンはアコースティックギターとエレキギターの製造を手がけていますが、特に1952年に開発されたエレキギターの「レスポール・モデル」がギブソンの大ヒット商品になりました。
レスポールと合わせてレスポールのボディーを薄くしたSG(レスポールSG)も強い需要があります。ギブソンで最も人気があるギターで買取価格も高いのはレスポールですが、エクスプローラーやフライングVなどにも根強い人気があります。不要になったギブソンのギターがあれば、ぜひお売り下さい。

ギブソン

フェンダーの楽器

フェンダーは1946年にレオ・フェンダーが創業したギターメーカーで、エレキギターとギターアンプの製造販売を行っています。
ギター業界では「ギブソンのレスポール・モデル」と並ぶ名作として「フェンダーのストラトキャスター」があり、レスポールとストラトキャスターには時代を経ても変わらない非常に強い人気・需要があります。
フェンダーのギターは音質・音色が素晴らしいだけではなく、ソリッドボディーのエレキギターとしてのデザインに深い味わいがあります。
ストラトキャスター以外にも、ジャズマスターやジャズベース、ジャガーなどの人気のエレキギターモデルがありますので、フェンダーのギターをお持ちであれば買取依頼をご検討下さい。

フェンダー

マーチン(マーティン)の楽器

アメリカのマーチン(マーティン)は、アコースティックギターのトップメーカーとして高い人気があります。
マーチンはギターよりも小型の弦楽器であるマンドリンやウクレレも製造していますが、アンプ(増幅器)につながないアコースティックギターの素朴で豊かな音色に魅了されたファンが大勢います。
1830年代にアメリカに移住したドイツ人のクリスチャン・フレデリック・マーティンによってマーチンは創業されましたが、マーチンは「00(ダブルオー)・000(トリプルオー)・D(ドレッドノート)」といった古典的なアコギモデルの名作を次々に生み出しました。
マーチンのギターには高級モデルの「D-100 Deluxe」や「エリック・クラプトンモデル」がありますが、マーチンのギターをお持ちであればぜひ売却をご検討下さい。

マーチン(マーティン)

ESPの楽器

ESPは日本の楽器メーカーで、ギターを中心とした楽器の製造販売と音楽関連事業を手掛けています。
ESPは1975年にギターメーカーとして、フジゲンの椎野秀聰、渋谷尚武、moon創業者のMoony K Omoteが創業した会社ですが、ヘヴィメタブームで業績が上がって1981年にはアメリカにも進出しました。
ESPはCharのシグネチャーモデルを販売したことがあり、キッス(KISS)のブルース・キューリックやメタリカのジェイムズ・ヘットフィールドらが使用していたエピソードもあります。ESPのギターで高額買取をしやすいのは、X JAPANのSUGIZOも愛用するエレキギターの「HORIZON(ホライズン)モデル」になりますが、FORESTなどESPのギターをお持ちであればぜひお売り下さい。

ESP

カラーチェの楽器

カラーチェは、主にマンドリンやギターなどの弦楽器を製造しているイタリアの楽器メーカーです。
1825年にニコラ・カラーチェが創立して、息子のアントニオ・カラーチェがナポリに弦楽器の工房(マンドリン・ギター・リュートの工房)を作りました。
実質的なカラーチェ社の創業者は、アントニオの二人の息子であるニコラ・カラーチェとラファエレ・カラーチェで、ラファエレは「マンドリン界の巨匠・カラーチェ1世」と呼ばれています。
カラーチェのマンドリンは高級な木材を使用していてデザイン性(装飾性)・質感が高く、その音色には独特の味わいと余韻があります。
カラーチェのマンドリンをはじめとする弦楽器には、「黒檀・ローズウッド・ドイツ松・カエデ」などの高級素材が使われていて買取価格も高くなります。カラーチェのマンドリンをお持ちであれば、ぜひ買取依頼を検討されて下さい。

カラーチェ

ヤナギサワの楽器

ヤナギサワ(柳澤管楽器株式会社)は、初代・柳澤徳太郎が1893年(明治29年)に創業した世界に誇れる日本のサクソフォンメーカーです。
1954年(昭和29年)に柳澤孝信がヤナギサワ初のサクソフォンT3を製造しました。
その後、1966年までにソプラノ、アルト、バリトンのサクソフォンを全て自社で開発・製造することに成功し、管楽器メーカーとしての地位を固めました。ヤナギサワはセルマーやヤマハと並ぶ「サクソフォンの世界3大メーカー」の1つであり、高価買取の対象になるサックスのモデルや銀製のものも多くあります。お使いでないヤナギサワのサックスがあれば、ぜひ買取依頼をご検討下さい。

ヤナギサワ

買取に必要な書類

免許証・健康保険証・パスポート・外国人登録証明書(在留カード・特別永住者証明書)等
※18歳未満のお客様からの商品の買取りはご遠慮させて頂いております。

お客様の声

楽器買取:お客様の声

fender ストラトキャスター 80年代製

京都市内在住 男性 K様

ギターを売却しました。一番値段がつくと思っていたMorrisのアコースティックギターよりストラトキャスターのほうが高くビックリしています。
全部で3本売りましたが、どれも期待以上の買取価格で満足しています!

楽器買取:お客様の声

YAMAHA ジルジャンなど ドラム一式

京都市内在住 男性 K様

もう数年ほどガレージに置きっ放しのサブのドラムセットを売却することになり、出張買取をお願いしました。
当日は2名のスタッフさんがシンバル一つずつから丁寧に査定してくださり、買い取ってくださいました。迅速で査定時間も思ったよりかからず、なにより家まで買取にきてくださったので非常に助かりました。

フリーダイヤル

楽器を買取に出すときの注意点8選

楽器を買取してもらう際、いくつかの点に注意して出すことで、査定価格を上げることができます。その査定価格を上げるコツを8個紹介します。


楽器を買取りに出す際にまずやるべきこと。それは楽器を綺麗にすることです。
多少汚れていても楽器の買取価格が大きく下がるわけではありませんが、楽器が綺麗であるに越したことはありません。
同じ楽器でも、綺麗な状態のものとホコリや手垢、サビなど汚れているものの場合、綺麗に掃除されているもののほうが査定価格高くなります。
楽器を査定に出すなら、少しの汚れで買取査定ランクを下げらないように出来る限り綺麗な状態にしておきましょう。


同じ楽器を売りに出す場合でも、買取するお店や買取方法によって価格が大きく変わってきます。
ネット買取の場合、希望する価格を提示いただけなかった場合、返送してもらうのが面倒な上に、返送料金を取られることもあります。
また、はじめの仮査定額より大幅に下げられることや、きちんと査定をしていただけない信用できない業者も少なからず存在しますので、
ネットで楽器を買い取ってもらう場合はそれらをよく考え、慎重に信頼できる業者を選ぶことが大切です。


楽器を買い取ってもらうなら、出来るだけ高い値段で買取りしてもらいたいのは当然です。
では、どの店が一番高い値段で楽器を買い取ってくれるのでしょうか。
それは査定してもらうまでわかりません。
ですので、買取りをしてもらう前に出来るだけたくさんの楽器買取店に見積もりを出してもらいましょう。
相見積もりを取れば、今売りに出している楽器の価値がどれほどのものかわかりますし、見積もりを頂いた店の中で一番高いところに買取をしてもらえば高値で買取してもらうことができます。


いざ楽器を売る際に、乱暴な使い方をしていたのでボロボロの状態では非常に勿体無いです。
どんなに中古市場で人気の高価な楽器でも、楽器の状態が悪ければ買取価格は安くなってしまいます。
買取価格が安くならないように、日頃から楽器を丁寧に使うことが重要です。
多少の汚れ程度では査定価格が下がることはありませんが、楽器が破損すると大きく買取価格が下がってしまうので、壊れてしまわぬよう、日頃から丁寧に扱いましょう。


楽器買取店の中にも、専門分野があります。
ある店はエレキギターやベース、ドラムといったバンド機材の買取が得意。
またある店は管楽器やチェロなどの買取が得意というように、
店によって買取に力を入れている楽器の種類が違います。
ですので適正価格で買い取ってもらうためにしっかり売却するお店の専門性を見極めることが非常に大切です。
またリサイクルショップなどで売却するのは避けた方が良いです。
リサイクルショップはあくまで中古品全般を取り扱っており、楽器の専門性には信頼性が欠けます。
きちんと商品の価値、状態を見極められず、不当に安く買い取られる場合もありますので、必ず専門の楽器買取店に依頼するようにしましょう。


楽器というのは、いつも同じ価格で売れるものではありません。
その時の状況に応じて日々、買取価格が多少なりとも変わってきます。
有名なバンドが使用したり、音楽をモチーフにしたアニメがヒットしたりすると、
それに呼応して特定の楽器の価格が上がったりしますので、楽器を売るなら、タイミングを見計らい、出来るだけ高い時期に売ることを心掛けましょう。


最近ではネットオークションやフリマアプリなどを使って売却することも可能です。
ネットオークションはどんなものでも売ることができますので、うまくいけばそれなりの価格で買い取ってもらうことが出来ます。
しかし楽器は衣類や本、DVDなどとは違い、実物を見てみないと本当の状態を見極めることが難しく、相場以下でも売れないことも少なからずございます。
またネットオークションなどはあくまで個人間の取引ですので、よほど楽器の知識をしっかり持ってないと思わぬトラブルに巻き込まれることもございます。
こうしたことをふまえると、やはりしっかりと専門知識を持った買取業者に任せるほうが安心のできるお取引となります。


楽器を買った際に外箱や取り扱い説明書、保証書などの付属品がついてきます。
楽器を買い取ってもらう際は外箱や保証書をつけておくと、買取価格が上がることが多いので、これらの付属品は必ず付けて買取りに出しましょう。
売却する時になって、もう付属品なんて捨ててしまった!ということにならないように、
楽器を購入したら、外箱は押入れなどにしまっておき、取り扱い説明書などはファイルにまとめておくなどすることをオススメします。

楽器を京都のお店で買取してもらう際、ネットの口コミ評価は信用していいのか?

楽器を買取してもらう際のお店選びに参考にされるのが、ネットの口コミ評価です。最近は京都の楽器買取業者専門の比較口コミサイトのページなどもあり、利用者には比較しやすく、非常に便利になりました。

しかし、口コミサイトの評判だけを信用するのは非常に危険です。ネットの口コミ評価は買取業者の自演の口コミがあることが多く、ひどい場合だと、他社の悪評を書き込む業者まで存在します。楽器買取業者の口コミサイトは飲食店の口コミサイトと比較すると、口コミ数が非常に少ないため、こういった嘘の口コミで、すぐに順位を操作することが可能なのです。

また、買取業者からお金をいただいて、良い口コミを書いたり、悪い口コミを削除するといったサイトや、そもそも口コミサイト自体が買取業者の運営するサイトで、自社の買取サイトに誘導するといったものまで存在します。

ネットの口コミは参考程度に留め、数社から見積もりをいただくことが、楽器を安心して高く売却する方法といえます。

ネットの口コミ評価は信用していいのか?

よくあるご質問

Q. どんな楽器が売れるのですか?
A. TOP楽器買取店ではギターやサックスをはじめ弦楽器(ヴァイオリンやチェロ)、管楽器(フルート・オーボエ・ホルン・コルネット)、民族楽器(カホン、沖縄三線、龍笛)などどんな楽器でも買取しております。
Q. 店頭買取に予約はいりますか?
A. 店頭買取に予約はいりません。営業時間内(10:00ー20:00 水曜定休)にご来店いただければ、順番にご案内いたします。
Q. 出張買取を今すぐ来てほしい
A. 京都エリアは即日買取は可能ですが一度0120-480-150に電話してください。買取の状況によっては翌日以降のお伺いになる可能性もあります。
Q. 京都市内在住ですが宅配買取は可能でしょうか?
A. 京都市内の方でも宅配買取をご利用していただけます。京都市内の方は即日出張買取に伺いすることも可能ですので、是非出張買取も併せてご検討ください。
Q. 出張買取の日時の指定は出来ますか?
A. 勿論大丈夫です。当店の営業時間内でご指定ください。ご希望の日の一週間前を目安に予約いただけるとより確実にご希望の日時をお取りしやすいです。
Q. 京都の地方(舞鶴・丹後)には出張買取は来れますか?
A. はい、京都市内はもちろん亀岡、宇治、舞鶴市なども出張買取にお伺い可能です。ですが、地方の場合、買取の点数が少ない場合はは即日でお伺いできないこともございます。
Q. 楽器が複数あるのですが、一つずつ査定価格を教えてもらえますか?
A. はい、買取査定は基本的に一点一点査定します。1点1点の査定価格をご提示しますが楽器以外、バンドスコアや楽譜など一点の額があまりに少ない商品の場合はまとめてでの査定となることもあります。
Q. 見積もりに出張料はかかりますか?
A. いいえ、出張見積りは無料です。西京区上桂の京都本店にて店頭買取もしていますので持ち込みのご依頼も可能です。
Q. 京都店の場所はどこですか?
A. 西京区上桂三ノ宮町54-1です。国道9号線(五条通り)の南側に面しており、京都市内からお越しのお客様は阪急嵐山線の高架を潜って、大垣書店が見えてきましたら、その先十数メートルの位置にございます。
Q. 駐車場はありますか?
A. はい、ございます。店頭前に2台駐車可能なスペースございますので、そちらに駐車してください。
Q.昔、購入した初心者用のギターセットのギターは買取できますか?
A. もちろん買取可能です。1万円台のギターセットのギターは極端に買取価格は低くなりますが、FernandesやIbanez、YAMAHA、Squire by Fender、Epiphoneといったブランドの入門ギターですと比較的に良い買取価格がつく場合が多いです。
Q. どんなメーカーの製品が高く売れますか?
A. 楽器やモデルにもよりますが、やはりエレキギターならギブソンやフェンダー、フルートならムラマツや銀製フルート、サックスならセルマー、管楽器なら日本製のヤマハなどの主要メーカーが買取や中古需要も多く、高価買取が期待出来ます。
Q. ヴィンテージギターで使用にやや難がありますが買取価格はかなり下がりますか?
A. ネック・フレット・ブリッジ・トラスロッドへのダメージを考慮して買取価格を決めさせておりますので、多少は下がる可能性もございます。ダメージのある商品でも修復や交換が可能な場合、特に楽器本体がレアなモデルの場合、できる限り高価買取致します。
Q. 改造したギターや弦のないギターは買取できますか?
A. 改造したギターも買取できます。ピックアップがダンカンなど人気の物に代わっている場合はそちらも買取査定に考慮します。
Q. オーボエなのですがメンテンスしてなく使えないのですが買取できますか?
A. タンポなどの消耗品の劣化は査定内容には反映いたしませんので本体価格でしっかりと査定いたします。本体の割れなどに関しても買取可能な場合もございますので、一度ご連絡ください。
Q. 車でドラムセットを店頭買取に持ち込もうと思うのですが、買取カウンターまで運ぶのが大変です。
A.お店に到着しましたら、二階の買取カウンターのスタッフにお声掛けください。ドラムセット、電子ピアノ、コントラバスなどの大型商品の場合は一階で査定させていただきます。また、小さい商品でも量がある場合などはお声掛けいただければ、スタッフがお運びいたします。
Q. アンプ、エフェクター、リズムマシンなど楽器周辺機器は買取可能ですか?
A. もちろん買い取らせていただきます。マーシャルのアンプやBOSSの各種エフェクター、コルグのリズムマシンなど当店でも非常に多くの買取をさせていただいております。
Q. エレクトーンの買取りは可能でしょうか?
A. エレクトーンに関しましてはモデルによって買取可能なものもございます。大型、重量のあるモデルですと、当店では取扱できないものもございますので、詳しくは一度お問い合わせください。
Q. 買取の際には何が必要ですか?
A. 基本的に必要となるものは身分証明書だけです。未成年の方は成人のご家族の同意書が別途必要です。住民票の場合は三ヶ月以内に発行したものが有効になります。
Q. 楽器買取の際に高価買取のポイントはありますか?
A. やはり見た目を綺麗にすることは重要です。買取にだされる前にご自身でできる範囲の汚れ、サビなどは清掃していただけると見た目の評価が上がり買取額に反映しやすくなります。
また、購入時に付属する専用のケースや外箱、取扱説明書、保証書なども一緒にお持ちいただけるとプラス査定させていただきやすくなります。
Q. 元箱、保証書がないのですが査定に影響はありますか?
A. 楽器や機材本体でしっかりと査定いたしますのでご安心ください。しかし、保証書に関しましては一年以内のご購入の商品でしたら高額査定につながりやすくなるため、できる限りお持ちいただくようお願いします。
Q. スタジオの機材を一新するため大量に売却を予定しております。出張買取にきていただけますでしょうか?
A. 喜んでお伺いさせていただきます。当店ではスタジオや学校、サークル活動での大量買取の実績も多数ございますので、電話やお問い合わせフォームよりお問い合わせいただければ、担当スタッフがご案内いたします。
Q. 事前のご連絡より売却数が多くなりそうなのですが大丈夫ですか?
A. もちろん大歓迎です。買取スタッフがその場でご予定の商品と一緒に査定いたしますので、お気軽にお申し付けください。
Q. トランペットを売却予定ですが、電話でモデルや状態などが伝えづらい。
A. トランペットやバイオリンなどの楽器はモデル名、状態がわかりづらいも多くございます。当店ではお電話のほか、メール、LINEでのお問い合わせも設けております。画像に仮査定をだすことも可能ですので、是非そちらもご利用ください。
Q. バイオリンの仮査定をお願いしたいのですが、画像はどの部分をお送りすればよろしいですか?
A. 基本的に楽器本体の全体像、表裏とダメージがある場合はその箇所、またバイオリンに関しましてはfホールより内部にラベルが貼られていることがありますのでそちらを画像でお送りください。保証書をお持ちの方はそちらも併せてお送りいただければより正確な査定額をご案内できます。
Q. 本査定と仮査定ではどれくらい値段が変わるのでしょうか?
A. 仮査定ではある程度幅をもたしてお伝えいたしますので、よほどのことがない限りその範囲内でのお買取となります。しかし、画像などで判別できなかった傷や汚れ、とくに金管楽器の内部の汚れやサビ、くすみなど多く見受けられるものは仮査定より減額となることもございます。
Q. 電話での査定額をいただくことは可能ですか?
A. メーカー、型番、モデル名、購入日、製造年、使用状況などをお伝えいただければ仮査定額をお伝えすることはできます。しかし、あくまでも仮査定ですので本査定と多少の誤差があることをご了承ください。
正確な査定をご希望の場合は上桂に店舗ございますのでそちらにお持ち込みいただければ買取金額をご提示できますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。
Q. 高価なギターなので正直相見積もりを考えています。査定だけの利用でも可能でしょうか?
A. もちろん査定のみのご利用でも大歓迎です。他店様の見積書をいただけましたら、できるかぎりそれ以上の買取金額をつけるよう努めますので、お気軽にご相談ください。
Q. 動作不良のシンセサイザーがあります。買取できますでしょうか?
A. 不良内容にもよりますが、ローランド、ヤマハ、コルグなど各種モデルでジャンク品でも高額買取モデル多数ございます。多少のガリなどでしたら、通常中古とさほど査定額の変わらないものもございますので、是非一度お問い合わせください。
Q. 楽器本体と一緒にチューナーや弦、ピックなどの消耗品も一緒に持ちこんでいいですか?
A. もちろん大歓迎です。チューナー、エフェクターなでしたら単品で買取可能ですし、また弦などの消耗品も未使用品ならば単品でつかないものでも最終査定額に端数を切り上げるなどプラス査定も可能ですので、是非一緒にお持ち込みください。

楽器の遺品整理をお考えですか?

TOPでは故人との生前の想い出を大切に楽器の遺品整理をお手伝いさせていただきます。
楽器の処分の前には無料の「遺品鑑定査定」をご利用ください。
遺品を整理できずにいる、奥に眠らせている、処分品が多い。
もし、楽器の遺品整理をお考えなら、まずはお電話にてご相談を受け付けています。
遺品整理には実績がある「TOP」に、ぜひお任せください。

遺品整理するならTOPの遺品鑑定査定

お見積もり無料

【スマートフォンのお客様コチラクリックで電話できます】

フリーダイヤル

当店以外の京都の楽器買取の業者

・石橋楽器

https://www.ishibashi.co.jp/
全国の楽器チェーン店です。
楽器の専門店なので買うのもオススメ。
京都に店舗はないので出張買取か宅配買取になると思います
宅配出張
【※2018-8/12時点】

・島村楽器

https://www.shimamura.co.jp/
島村楽器は全国展開している楽器店
ピアノや防音室など大型の機材の買取を行っています。
イオンモール京都桂川店に入っています
店頭宅配
【※当社調べ実際に島村楽器さんに聞いてください】

・jeugia

https://www.jeugia.co.jp/mi-purchase/store.html
JEUGIAは京都三条の楽器店
ヤマハの音楽教室など楽器を習うこともできます。
平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30が営業時間です。
ホルンなど管楽器をどこで買ったか聞いたときJEUGIAと聞くことが多い、人気楽器店です。
店頭

・マルカ

https://www.7-7maruka.com/
京都にある会社です。
昔から京都で質屋として有名なお店で近年楽器の買取力を入れている業者。
京都でマルカと言えばバスの広告など目にした方が多いのでは?
楽器販売サイトのデジマートで販売もしています。

〒600-8883 京都府京都市下京区西七条北衣田町60

店頭出張宅配

・みんなの楽器市場

https://www.gakki-kaitori-site.com/
インターネットを駆使して買取している買取屋さん。
詳しくはサイトのリンク張っておきますので自己判断でお願いいたします。
店頭出張宅配

・お売りください.net

http://gakki.ourikudasai.net/
伏見区にあるリサイクルショップ。
ギター、ベース、アンプ、ドラム、電子ピアノ、サックスなどを買取しています。
詳しくはサイトのリンク張っておきますので自己判断でお願いいたします。
店頭出張宅配

・ワタナベ楽器

http://www.watanabe-mi.com/
京都の中京区に本店を構える楽器店です。
大阪市北区および京都市中京区に本店を置く老舗楽器店です。
店頭での楽器販売はもちろんのこと機材レンタルなども行なっております。
また楽器メーカーとの共同開発によりオリジナルモデルの楽器の販売も行なっています。
買取では店頭買取、宅配買取のほか、店頭での委託販売も行なっております。

〒604-0903 京都市中京区指物町332

店頭宅配委託

・リサマイ 中古楽器堂

https://gakkidou.co.jp/
京都をはじめ全国で楽器の買取を行う業者です。
楽器が大好きなスタッフさんがしっかりと買取査定をしてくださります。
また、査定額に+αの交渉査定もしっかりと対応してくださるのも魅力的です。
買取では店頭買取、出張買取、宅配買取と各買取方法をご用意されております。

〒612-8238 京都市伏見区横大路下三栖山殿54-1

店頭出張宅配

・ハードオフ 京都桂店

https://www.hardoff.co.jp/shop/kinki/kyoto/hardoff/201374/
ハードオフは全国に展開するハードオフコーポレーションの家電専門ブランドです。
テレビやオーディオ関連の家電のイメージが強いハードオフですが、楽器の買取も行っております。
京都桂店は国道9号線(五条通り)に面しており、広い駐車スペースを完備しているため車でのアクセスが非常に便利です。
買取では店頭買取、出張買取、宅配買取と各買取方法をご用意されております。

〒615-8301 京都府京都市西京区桂徳大寺北町8

店頭出張宅配

当店もお見積もりしてください

【スマートフォンのお客様コチラクリックで電話できます】

フリーダイヤル

値段が付きにくい楽器

値段が付きにくい楽器

楽器の買取査定を依頼しても、「値段が付きにくい楽器(買取してもらいにくい楽器)」というのがあります。値段が付きにくい楽器には、どのようなものがあるのでしょうか?

  • 元値が一万円以下の楽器
  • 潰れている楽器
  • 改造している楽器

元値が一万円以下の楽器

買取価格が付きにくい楽器として、「定価が一万円以下の楽器」があります。
中古の楽器で買取価格が高くなるのは、やはり「定価が10~20万円以上程度の高額な楽器」が多いようです。

潰れている楽器

「金属・木材の素材が潰れている楽器(形が大きく変形したり崩れている楽器)」というのは、値段が付きにくい楽器になります。
楽器の表面に多少の擦れやキズ、凹みキズがあるくらいであれば買取をしてくれるお店が多いのですが、金管楽器・木管楽器で楽器の見た目の形が大きく変形するほどに「潰れている楽器(潰れすぎて修理することも難しい楽器)」は買取そのものを断られてしまうことも多いのです。

改造している楽器

値段が付きにくい楽器に、「改造している楽器」があります。中古の楽器は「できるだけ新品に近い状態にある楽器」ほど高値で買い取ってもらいやすいのですが、「自己流に改造した楽器」は「純正楽器の音質・音程(ピッチ)・機能」を維持できなくなっているので、買取してもらうことが難しくなってきます。
いずれ楽器を売却する予定があるのであれば、自分が購入した楽器を自己流で改造する行為はやめておいた方がいいでしょう。

値段が付きにくい楽器も買取

楽器を個人で売る場合の方法

  • 自分でオークションやフリマアプリで売る
  • 知り合いや友達に売る
  • 地域開催のフリマで出品する
  • 近くの楽器買取専門店に持ち込み
  • 楽器買取専門店の出張買取で売却する
  • リサイクルショップに持ち込む

楽器を売る方法は数多くありますが専門的な楽器買取専門店で売るのが一番簡単で早いです。
電話でも見積もりできますのでぜひ一度当店にご連絡ください。

フリーダイヤル

この度は、買取専門店TOPのHPをご覧頂きありがとうございます。

当店では女性一人から企業の大規模な依頼まで安心してご来店頂ける信頼と実績あるお店作りを心がけております。
買取対象は多岐に渡り「弦楽器」「管楽器」「和楽器」「打楽器」「音響機材・電子機器」…etc!このHP上にのっていないものでも可能な限り全て買取致します。
「何かよくわからない楽器がある…」そういった状態でお困りの場合でも気軽にご連絡ください。
全て査定は無料、1円でも高い金額を出せるようにするため日々コストカットを行いお客様に還元している次第です。メールでのお問い合わせからLINEによる査定まで、気軽に値段確認ができるよう当店全力をもって対応させていただいております。
時間が作れない!という方も多いこのご時世ですので、出張買取にも対応しております。もちろん店頭への持ち込みもいつでもOKです。
査定で出た買取価格に御納得していただければ即現金にてお買取り!その場で現金渡しも可能ですし、銀行振込でも翌営業日には入金対応いたします。買取専門店TOPでは、皆様の愛用した楽器、使用しなくなった機器、もろもろの査定依頼をお待ち申し上げております。

京都楽器買取専門店TOP所在地

京都TOP楽器買取店事業所

店名
住所
京都本店
〒615-8224 京都市西京区上桂三ノ宮町54-1
フリーダイヤル / 0120-480-150
西院オフィス
〒615-0066 京都市右京区西院四条畑町5-3
※こちらは買取業務を行っておりません。
京都センター
〒615-0823 京都府京都市右京区西京極前田町27-4
※こちらは買取業務を行っておりません。
京都センター
〒611-0015 京都府宇治市志津川南組49
※こちらは買取業務を行っておりません。